書いて覚える韓国語 基礎単語編

  • Amazonで購入
  • 楽天ブックスで購入

書いて覚える韓国語 基礎単語編

  • 著者名: HANA韓国語教育研究会 著
  • 発売日:2013/09/25
  • 判型: A5判
  • ページ数: 264P
  • ISBN:9784844375722
  • 価格: 1800 円

韓国語の単語習得、まずは書くことから始めよう!
本書は、韓国語の基礎レベルの単語を、直接書き込んで覚える本として作られました。外国語の学習において、「暗記」は避けて通ることができませんが、特に初歩の段階で、その言葉の基本となる単語を覚えるのにまずお勧めしたいのが、「書いて覚える」こと。誰もが子供の頃、漢字を覚えるために字を繰り返し書き写した経験があるはずですが、目で眺めるだけでは覚えられないので、手を動かして記憶を脳に焼き付けるわけです。

韓国語の学習は、まず初歩段階でハングルという未知の文字に慣れる必要がありますが、慣れるための最もよい方法は書き写しです。さらに、なじみの薄い言語の語彙は一度覚えてもすぐ忘れてしまいがちですですが、暗記した内容を頭に刻み込み、忘れないようにするためにも「繰り返し書く」という行為が有効なのです。

単語はもちろん文法項目も学べる
本書では、ハングル検定5級レベルを中心に、韓国語学習を始めたらまず覚えるべき基礎単語448語を取り上げています。1課(1日分)で16語の新単語を消化する設定で、単語の横に書き込み欄を設け、単語と意味、活用、他の品詞形などを確認したあとすぐ書く練習が行えるようにページを構成しました。さらに1つの課を終えると、さらに書き取り練習を行う「もっと書いてみよう! 」というページが設けられています。

本書では、これら単語だけでなく、例文も書き写して学べるようになっています。例文はほぼハングル検定5・4級の単語と文法項目(助詞・語尾・表現)で構成されているので、例文を何度も書いているうちに、今後の学習の土台となる韓国語の基礎、すなわち語彙と文法が自然に身に付くように配慮されています。文法項目はそれが使われた例文をたどれる索引が設けられており、巻末には都度参照できる「韓国語の基礎」が掲載されています。

手を動かすだけでなく、耳も、口も!
本書は書くだけの本ではありません。付録CDには、口に出して発音練習をしやすい、正確でゆっくりとしたスピードの音声が収録されています。CD1は単語と意味だけを読み上げた音声、 CD2にはCDと単語と例文を読み上げた音声になっており、ただ文字だけ見て書くのではなく、まず音声を聞き、つぶやきながら書き写すことで、語学における「書き写し式学習」の欠点を補い、最大の学習効果を上げることができます。