相続対策は東京中古ワンルームと家族信託で考えよう

  • Amazonで購入
  • 楽天ブックスで購入

相続対策は東京中古ワンルームと家族信託で考えよう

  • 著者名: 横手 彰太 著
  • 発売日:2016/11/21
  • 判型: 四六判
  • ページ数: 192P
  • ISBN:9784295400295
  • 価格: 1480 円

親が"認知症"になる前に知っておきたい。今、注目を集める、相続対策の新しい一手!

2015年1月から大幅に相続税が増税されました。
増税の前後から多数の相続対策に関する書籍が発刊されており、注目を集めています。

しかし、その相続対策により、ご両親やあなた自身が経済的に豊かに、幸せな生活を送ることができる環境を作ることができるでしょうか?

定年後の老後の生活を考えるうえでは、年金だけで生活していかなくてはならない期間が30年以上もあります。

そのため、相続対策は、収入対策もセットで考えるべきなのですが、意外と抜けている場合が多いのです。

また、近年多くなってきているのが認知症問題です。
今、その認知症に対応した相続対策として、「家族信託」が注目を集めています。

もはや、「家族信託」を知らないことが、あなたの家族にとって大きな損失になりかねません。

では、この相続対策で欠かせない「収入対策」と「認知症対策」を、どう行っていけばいいのか?について自分自身で実践し体験した著者が、基本から実践まで語りつくします。

これから相続を考える人も相続対策を既に行っている人も、必読です。